せっかく都会に出たのでギャラリーめぐりを

大阪に出る用事がありましたのでここぞとばかりにやっておきたいことをしました。

 

梅田のニコンギャラリーにて第14回三木淳賞受賞作品展第37回伊奈信男賞受賞作品展をチェック。どちらも自分には無い描写だったので良い勉強になりました。

 

あとは新商品として70-200 F4の実物をチェック。ことのほか小さくてビックリ。

 

 

そのあとはキヤノンギャラリーへ。

安珠 写真展:仙人の千年、蜻蛉の一時 −世界自然遺産 張家界を観ました。

 

ここでは新商品のEOS M6Dをさわっておきました。

EOS M、液晶は本当にキレイ。

6Dは小さい。これでフルサイズなのはすごい。風景派としてはGPSが内蔵されているのはそれだけで素晴らしいものです。

 


 

それから本町にある富士のギャラリーへ。

ここではJPSの関西メンバー展をやっておりました。知っている先生が増えてきたので楽しめました。

 

そのままオリンパスのギャラリーへ。

こちらでは2013年オリンパス/WWFカレンダー完成記念 岩合 光昭 写真展 「Land of the Brave/気高き者たち-ナミビアの野生」をみる。岩合先生がナミビアで一ヶ月取材をした成果の発表展示でした。ぐうの音も出ないくらいの素晴らしい写真。

 

夜は懇親会あり、電車を乗り過ごして帰れなくなりそうになったりもしましたが、とりあえずなんとか無事です。

危なかった。

大阪に出るからにはたくさん展示を観ないと、と思います。