大阪写真月間 高校生と暗室でモノクロ現像




大阪写真月間のイベントのお手伝い。

高校生がフイルムから暗室でモノクロの現像をしました。

黒がどんな風に出てくるか、露光時間を段階的に変えながら、作品づくりをしていきます。

意図通りの色が出てくると嬉しいですね。

フイルムならではの一枚一枚を大切にしたワクワク感がそこにはありました。

 

フイルムの知識が薄い私もしっかりいい勉強をさせていただきました。

 

明日も大阪写真月間のお手伝いです。