iPhoneにつけているカバーをとっちゃいましょう!

いきなりですが電話の話

 

iPhone3GS ⇒ iPhone4S ⇒ iPhone5 と使ってきて

厚さは 12.3mm ⇒ 9.3mm ⇒ 7.6mm

重さは 135g ⇒ 140g ⇒ 112g

 

と格段に小さくなってきています。

3GS比でいうと、厚さは62% 重さは83% になっています。

 

今日読んだ本に、「iPhoneはそれ自体、機能美を求めて作られているものなのだから、カバーなんていらない」というようなことが書いてあったので、その通りにはずしてみました。すると、なんと軽いこと。オマケに薄くもなった。

 

それはそう。1mm薄くするため、1g軽くするために相当な技術を集めているわけですから。

それなのにわざわざカバーをつけて、分厚くして重くする。わりとナンセンスなのかもしれません。

もちろん、自分の好きなガラで。という考えもあるのでカバーをつけても良いのですが、

できるだけシンプルに、を今目指している自分としてはなかなか良いことに気付かせていただきました。

 

今日一気に読んだ2冊はわりと若者向けのキャッチーな内容で、別に難しいことが書かれているわけでもありません。

 

ヒットするには

1、 キャッチーであること

2、 言いたいことの軸がはっきりしていること

3、 わかりやすいこと

 

の3つが重要であると感じさせられました。

 

別に本を書くことということに関わらず、全てのことについてポイントとなってくることと思います。

小難しい本は読まれない。

学者さん、教授さん、先生などの方も、これからはシンプルな物言いで わかりやすく伝える能力がより問われていくのでしょうね。

 

 

※ カバー無しが良いと言われても、Nexusはカバーつけたまま運用しますけれどね。