3/15 読売旅行写真同好会の講師で奈良を撮ってきました

読売旅行の写真同好会で講師をしてきました。

 

今回は奈良。高取町の町家の雛めぐりと、奈良の三大梅林のうちのひとつである月ヶ瀬梅林に行ってきました。

 

高取のひなまつり メイン会場には17段のお雛様も!
高取のひなまつり メイン会場には17段のお雛様も!
連子の背景は古い町並みの象徴です。
連子の背景は古い町並みの象徴です。

高取ではお雛様を撮りつつ、古い町並みのスナップを楽しみました。

 

午後からは月ヶ瀬梅林へ
午後からは月ヶ瀬梅林へ
こういった風景がいかにも 奈良という感じです
こういった風景がいかにも 奈良という感じです
メインの見晴らし台からの梅はまだまだでした。それ以外のところは五分咲きということで十分写真が撮れます
メインの見晴らし台からの梅はまだまだでした。それ以外のところは五分咲きということで十分写真が撮れます

月ヶ瀬梅林はことのほか良かったです。見頃まだ早いということもあり、土曜日にも関わらず人も少なめでしたし。

ピークを迎えた時の平日に再訪したいなあと思いました。

 

さて、これで2013年度の読売旅行写真同好会も終了です。

 

来月からは2014年度版がはじまります。

 

 

その前に、今月末に一年間のみなさんの成果でコンテストを行います。

私も審査員のひとりとして参加させていただきますので、今から楽しみです。