4/7 フォトカルチャー倶楽部 京の桜撮影会

フォトカルチャー倶楽部の撮影会講師をしてきました。

 

場所は京都の勧修寺を指定。

近くにある醍醐寺はおそろしく混み合いますが、勧修寺は個人的穴場としてよく撮影に来るところです。

 

今日は奇遇にも、観光バスが4台ほど連なってやってきましたが、みなさん30分もしないくらいで次の場所へ移動してしまったので、撮影会にはほとんど影響無しでした。

せわしないですねえ・・・。

 

風でちらほら散る花びらを捉えました
風でちらほら散る花びらを捉えました

今日は何故かニコン使いの人が多かった。

 

レンズワーク中心の撮影会になる予定でしたが、蓋を開けてみるとみなさんそれなりに写真を心得た方たちだったので、構図に、ピクチャーコントロールに、PLフィルターに、とちょっと一段上の話をしました。

 

入口部分のしだれ桜がきれいでした。
入口部分のしだれ桜がきれいでした。
ご覧のとおりの青空で何より。午後からは空が白っぽくなりましたから。
ご覧のとおりの青空で何より。午後からは空が白っぽくなりましたから。

天気、雨よりも黄砂の類を心配していたのですが、この青空です。

とりあえずこれで安心して撮影会が出来ました。桜のタイミングとしても想定通りで良い感じでした。

空海さんの頭上にたくさん桜が広がっていました。
空海さんの頭上にたくさん桜が広がっていました。

このあと個人的に残念なこととして、D7000にErr表示が出て、全く撮れなくなったということがありました。どうやら基板がイカれたようです。

3年半で70,000ショット。うん、仕方がないです。

 

写り的には最近出たD3300なんかの方が間違いなくキレイなのですが、ダイヤルがひとつしかなかったり、仕事で撮影するときには入門機だとやや難があるのでそっちにはいけません。いろいろ考えてみて、やはりD7000を完全に直してさらに使う、それがいいのでしょうねえ・・・。

 

もちろんメイン機でD800があるのでよほどのことが無い限りは大丈夫なのですが・・・。

この角度からのショットは画になります。
この角度からのショットは画になります。
撮影会終了時に撮ったショット
撮影会終了時に撮ったショット

 

今回は全然会の様子を撮影していない・・・。

 

 

次回は7月にまた講座を持たせてもらえそうです。

決まりましたらお知らせいたします。

 

 

 

・・・壊れたD7000を早く修理に持って行かなくては・・・