京都水族館・梅小路機関車博物館 撮影会

京都で撮影をしてきました。8/30に機関車博物館が閉館になるので撮り納めも兼ねて!


(下に大きなサイズの写真をたくさん載せています)


京都水族館にあと3日で閉館となる機関車博物館をくっつけての撮影。想定よりもたくさん人がいました。世の中はまだ夏休みなのでしょうか。大水槽はともかくほかの水槽で撮るのはなかなか大変。 ちなみに機関車博物館は人が殺到しており増便増便!でした。 9月は彼岸花行きます!

Posted by 渡邊 翔一 on 2015年8月27日

京都水族館

外国人向け時刻表。「稲荷」行きがわざわざあります。
外国人向け時刻表。「稲荷」行きがわざわざあります。
京都水族館は基本的にサンショウウオ推しです。琵琶湖があるからかな。
京都水族館は基本的にサンショウウオ推しです。琵琶湖があるからかな。

あざらしの体温を測りに来たみなさん。大変な仕事です。
あざらしの体温を測りに来たみなさん。大変な仕事です。
ハイライトのひとつと言えるペンギン水槽。すぐ頭上を飛んでいるような写真が撮れます。晴れていれば光の具合も良いです。
ハイライトのひとつと言えるペンギン水槽。すぐ頭上を飛んでいるような写真が撮れます。晴れていれば光の具合も良いです。
もうひとつのハイライトの大水槽。定番ですがファミリーをシルエットで入れて、が良いでしょう。でっかいエイもいます。
もうひとつのハイライトの大水槽。定番ですがファミリーをシルエットで入れて、が良いでしょう。でっかいエイもいます。
14mmでフグ撮りです。厚みのある魚は撮りやすいです。
14mmでフグ撮りです。厚みのある魚は撮りやすいです。
オウムガイ。じっくり撮りたかったですが、平日とは思えないくらい人が多くてなかなかそうもいかず。
オウムガイ。じっくり撮りたかったですが、平日とは思えないくらい人が多くてなかなかそうもいかず。
写真撮影ではやはり外せないクラゲ。ホワイトバランス設定いかんで色が大きく変わります。ピント合わせもけっこう大変。
写真撮影ではやはり外せないクラゲ。ホワイトバランス設定いかんで色が大きく変わります。ピント合わせもけっこう大変。

梅小路蒸気機関車館

閉館カウントダウン。物販もたくさん出ていました。
閉館カウントダウン。物販もたくさん出ていました。
こちらもやはり平日とは思えないくらいの人が・・・
こちらもやはり平日とは思えないくらいの人が・・・

普段は一日3便の機関車運行も、客が多いということで15分刻みのフル稼働でした!!

閉館間際ということで各機関車頭出しになっており、紅白の旗も掲げられていました。
閉館間際ということで各機関車頭出しになっており、紅白の旗も掲げられていました。
魅力的なポイントを見つけて撮っていきます。真っ黒の露出はけっこう難しいのです。
魅力的なポイントを見つけて撮っていきます。真っ黒の露出はけっこう難しいのです。
汽車製造株式会社なんて聞いたことない、と思ったら後に川崎重工に吸収されたようで、納得でした。
汽車製造株式会社なんて聞いたことない、と思ったら後に川崎重工に吸収されたようで、納得でした。

水族館も真っ黒機関車も露出補正が鍵になりましたが、今回のみなさんはマニュアルでの撮影に慣れていたのでそのあたりは苦もなく取り組まれていました。

9月は定番ですが明日香村で彼岸花の撮影を考えております。年末までいろいろやっていきますのでよろしくどうぞ。