ニコンカレッジ 清水薫先生 鉄道写真入門 撮影実習

9/12 ニコンカレッジ 清水薫先生の鉄道写真講座の撮影実習 アテンドで入りました。

リクエストがあったらしく、加古川からさらに北の北条鉄道の撮影。


私も清水先生も現地まではだいたい2時間程度。けっこう遠かったですが、楽しい会となりました。

1時間に一本!というと少なく感じますが、上下線あるので、30分に一本。待ち時間も長いと感じることなくしっかりと撮影することができたと思います。


なお、今回私はD810 + 28-300mmの組み合わせオンリーで撮影をしました。

まず最初のポイントとなる鉄橋です

今年最初の彼岸花です! 来週末には奈良で撮ります。

学生がカヌーの練習をしております。これが電車と・・・


300mm端 正面気味に狙っています。

こちらは定番っぽいショット。うまいことカヌーをからませて。

スズムシ鉄道・・・?

駅での待ちの時も流しの練習。1/15秒です。

スズムシ。


スズムシ。

播磨下里駅で下車。なんとお坊さんが駅長さんというすごいところ・・・。線香のにおいと読経の声が・・・

少し色づいてきた稲を前景に。
少し色づいてきた稲を前景に。

播磨下里の駅から隣の法華口駅へと歩いていきます。だいたい2キロくらい。その途中、すれ違う列車を撮影していきます。

風情のある佇まいの法華口駅。

駅の隣には法華山にあるらしい国宝の三重塔のレプリカが置いてあります。駅自体も国登録の有形文化財なのですね。

パン屋さんが中にあります。

駅内のパン屋さんのおねえさんがこの駅の駅長さん。

鉄道ファンの間ではかなり有名な方のようです。


こうやって電車を見送りしてくれます。後ろ姿がきれいなので後ろから撮るカメラマンが多いそうです。



加古川からさらに奥。大阪に住んでいる人間からしても近いとはいえないところでしたが、個人でなかなか行けるところでも無いため、楽しめました。来週の講評会でみなさんの写真を見せていただくのが楽しみです。